CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 【旧約聖書】クリスチャンにもっとも読まれない本:新約聖書だけでよいのか? | main | 【キリスト教】いつくしみ深き:あるクリスチャンの死 >>
【新約聖書】善きサマリア人のたとえ:困っている人を助けなさいという訓話か?
0
     『善きサマリア人のたとえ』という非常に有名な話がある(ルカ10:25-37)。クリスチャンにはもちろんのこと、ノンクリスチャンにも評判がいい話だ。なにせ聖書をほとんど読んだ形跡のないわたしの母でさえ、「それなら知ってる、困っている人を助けなさいっていう話でしょ」と言うほどだ。博愛や慈善の教えは万人受けしやすい。以下に要約を示そう。

    永遠の命を得るためには、神を愛し隣人を愛しなさいと教える 
    イエス。これに対し、律法学者は「隣人とは誰か?」と質問する。 
    イエスは、以下のようなたとえ話でこの質問に答える。 

    あるユダヤ人が旅の途中で強盗に襲われる。身ぐるみ剥がされ、 
    半死半生の状態で道端に倒れている。ある祭司がそこを通りかか 
    ったが、見て見ぬふりをして立ち去る。レビ人も同様に、助けず 
    に通り過ぎる。しかし、サマリア人(ユダヤ人がとても軽蔑して 
    いる民族)が、この人を助ける。けがの手当てをしてやった上、 
    宿屋に連れていき、「費用は自分がもつから、この人を介抱して 
    やってくれ」と頼む。 

    イエスは「ひどい目にあったこの人の隣人になったのは誰か?」 
    と律法学者に質問する。律法学者は「助けてあげた人です」 
    と答える。するとイエスは、「行って、あなたも同じようにしな 
    さい」と言う。 

     皆さんは、上記の話をどう解釈されるだろう? 私の母と同じように、「困っている人を助けなさい」という安っぽい訓話だと思われるだろうか? 

     その解釈は論理的に正しくないと私は考える。イエスの質問が「善きサマリア人の隣人は誰か?」だったなら、それで問題なかったのだが。彼の隣人になったのは、半死半生のユダヤ人。あなたも、善きサマリア人のように行動しなさい。隣人が困っているなら助けてあげようね、というわけだ。 

     しかし、イエスの質問は「この半死半生のユダヤ人に対して、誰が隣人になったのか?」である。答えは「助けてくれたサマリア人」。ということは、イエスが「あなたも同じようにせよ」と言うのは、この半死半生のユダヤ人のようにせよということ。彼が善良な隣人の愛を受け入れたことから学べ、という意味ではないか。傷ついているあなた、助けを必要としているあなたを愛をもっていたわってくれる人こそ、まことの隣人なのだ。その人をこそ愛したまえ、そうすれば命が得られると、イエスは教えているのだと私は思う。 

     私の結論はもうおわかりであろう。善きサマリア人に象徴される「隣人」は、究極的にはイエス・キリストを暗示する。旧約聖書のレビ記を隅から隅まで読んでいるこの律法学者にとって、隣人愛とは「近所に住んでいるユダヤ人を愛すること」なのだが、イエスは「それは違うよ、隣人愛とはわたしを愛することだ」と諭しているのである。 

     もうひとつの教訓。サマリア人は、迫害される立場にある少数民族である。ユダヤ人のほうが立場が強く、ユダヤ人と異民族の混血民族であるサマリア人をずっと迫害してきた。しかし、『善きサマリア人のたとえ』では、いじめられっ子であるサマリア人が、いじめっ子のユダヤ人に愛をもって接している。アメリカの黒人や中国のチベット族、あるいは日本の被差別部落民など、迫害に苦しんできた人々は、深い感銘をもって善きサマリア人のたとえを読むことだろう。以下のようなイエス・キリストの声を、そこから聴きとりながら。 

    > 敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。 
    > (マタイ5:44、新共同訳) 

    | 新約聖書 | 23:17 | - | trackbacks(0) |
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック